読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

idoroot

旬のアイドル、気になるアイドルについて発信

旬のアイドル、気になるアイドルの情報を発信

私立恵比寿中学というアイドルグループを好きになって感じたこと。一人一人がかけがえのない存在。

今回は、いつもとちょっと路線を変えて、コラム風でお送りしています。

私立恵比寿中学という存在を知る

私が私立恵比寿中学というアイドルの存在を知ったのは、2012年くらいでした。もともとモーニング娘。をきっかけにアイドルが好きになり、色んなアイドルグループを渡り歩いていたころ、当時通っていたファンサイトの管理人さんがエビ中にハマっていることを知りました。ただ、その時は「永遠に中学生」「King of 学芸会」というパンチの効いたキャッチフレーズに一歩引いてしまい、「なんだかややこしそうなグループだなあ」と思ってスルーしてしまったことを覚えています。

その後、2014年になり、いつものようにアイドルの情報をチェックしていると「私立恵比寿中学から3人が転校(脱退)」というニュースが目に入りました。

調べてみると、9人いるグループから3人が抜ける、という一大ニュースで、エビ中をよく知らなかった自分でも衝撃を受けました。「そういえば、エビ中は気になってはいたけど、ちゃんと見ていなかったなあ」と思い、この機会に改めてチェックしてみようと思いました。

それから数日、同じくアイドル好きな姉とアイドルのライブ動画を見ていたとき、たまたまエビ中の動画が流れました。「ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜」と「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」を熱唱している映像だったのですが、今までに感じたことのない衝撃を受けました。最初に驚いたのは、曲でもダンスでも衣装でもなく、メンバーの声。なんとも形容しがたい声で歌っていたのは「ぁぃぁぃ」こと廣田あいかさん。ぁぃぁぃの声をフックにエビ中のファンになる人が多いのですが、私も例に漏れずその一人になりました。ちなみに、メンバーの声が一番のインパクトではありましたが、同時に2重3重のインパクトを放ってくるのがエビ中の凄まじいところであり、楽曲の歌詞に、メンバーの個性に、パフォーマンスに…と、気を抜いていたらとにかくやられてしまうのです。動画を見ながら、私は「こんなに強烈なメンバーが9人もいるなんて、なんてグループなんだ…」と、とにかく驚きっぱなしであったのを覚えています。

エビ中沼に、ずるずるとハマっていく

それからはなにかに取り憑かれたかのように、毎日毎日エビ中の動画漁りを繰り返していました。エビ中の楽曲は固定した路線というものがなく、どの動画を開いても、バラエティーに富んだ楽曲が飛び出してきます。運動会の歌やら、花粉症の歌やら、お化け屋敷の歌やら、普通の青春ソングっぽかったり、いきなりシリアスになったり、王道J-POPだったり…。楽曲のクオリティーもさることながら、驚くのはそれらをきっちりパフォーマンスしてしまうメンバーのポテンシャルです。もともとスターダストプロモーションの女優志望だったはずの女の子たちが、どうしてこんな一風変わったアイドルグループにぴったりとハマってしまうのか、驚きでした。

曲を聴くたびに、笑ったり泣いたり忙しかったのですが、決定打になったのは「禁断のカルマ」を見てからの「手をつなごう」でした。手をつなごうのライブ動画を見てあろうことか泣き伏してしまい、「この子たちを応援したい!」と心の底から思うようになりました。

衝動に駆られ、フリーライブに行く

f:id:idoroot:20170511151400j:plain

2014年5月25日 宇治市 京都府立山城総合運動公園

アイドルファン歴こそ長いもののライブには一度も行ったことがない自分が、衝動に駆られてエビ中のフリーライブに行きました。バタフライエフェクトのリリースイベントで、場所は宇治市京都府立山城総合運動公園(通称・太陽が丘)。5月の暑い日で、日焼け止めを塗らなかったため真っ赤に日焼けし、帰ってきてから親にカンカンに怒られ、その後皮がペリペリめくれてきたのですが、そんなことも気にならないほど楽しかったです。ライブ自体はフリーでしたが、握手会に参加するためバタフライエフェクトのCDを物販で買いました。真山・星名・松野レーンに並んで、推しである真山さんを本命に作戦を練ったのですが、あえなく撃沈して帰ってきました。真山さんの頭の回転の速さ、星名さんのきらめくアイドル精神、松野さんの透明感の溢れる容姿は、いまだにはっきりと思い出せます。特にりななんは、いま思い出すとあの時会えて本当に良かったなあ、と思います。りななんは背が高いのに、背の低い私と目線を合わせてくれたことと、太陽の光に透けてキラキラと輝いていた茶色の瞳が忘れられないです。

りななんの急逝から、エビ中に感じたこと

2月8日、松野莉奈さんが急逝するという、想像もしていなかった出来事が起きました。あれから早いもので3ヶ月が経ちましたが、いまだに現実を受け入れられず、昔の曲のりななんのパートや、ライブで元気にパフォーマンスをしている姿を思い出すと、なんとも言いようのない気持ちになります。特に、「まっすぐ」を聴くたびに、胸に突き刺さってくるような、他の曲にはない感情を覚えます。

事実上、りななんのラストシングルとなってしまいましたが、この曲がりななんのラストになったことになにか意味を感じるような、そんな曲のように感じてしまいます。曲のラストスパートで、「君のため生きてゆきたい」という歌詞があるから、そう感じてしまうのか。私事ですが、エビ中が好きだった身内が去年亡くなった際も、同じ気持ちでこの曲を聴いていました。

最初は辛くて、エビ中の昔の曲でりななんのパートが流れてくると心臓を掴まれたような気持ちになっていましたが、最近やっと前のように聞けるようになりました。どの曲のソロパートも、りななんが歌うからこそ意味があるような歌詞ばかりで、曲を聴くたびにりななんを思い出せて、ご両親には宝物のように感じるのではないかな、と思います。

「梅」のラップや、「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」のデスボイス、「エビ中出席番号の歌」でのりななんパートは、どれもりななん無しでは考えられないほど、存在感のあるソロパートでした。楽曲を制作しているスタッフの方々が、メンバーの個性を考えてきちんとパートを割り振っていたから、こんなに1曲1曲が大切に感じられるのかもしれないですね。

りななん(松野莉奈)は、例えばドの音をファから始めると、そのままファがドと思い込んでしまうっていうくらいだったんです。でも周りとの競争で意識がかなり変わりました。最近は高い声も出るようになったし、音程も合うようになって。エビ中では“低音キャラ”で、「放課後~」では低音のラップ部分を全部任せました。ももクロ時代の早見あかりみたいなキャラにできたらカッコいいんですけどね。

私立恵比寿中学 - 楽曲&PV制作陣が語るエビ中 (1/5) - 音楽ナタリー 特集・インタビュー

メンバーの個性が楽曲の力を借りてキラキラと輝いている、そんなところがエビ中の最大の魅力だと思っています。

今も昔も、エビ中エビ中である

昔の曲を聴いていて思ったのは、エビ中は変化こそあれど、なにも変わっていないということ。変わりながらも前に進む、という決意をいつも感じさせてくれるのがエビ中であり、その姿はいつでも同じだということ。9人から8人になっても、8人から7人になっても、エビ中エビ中であり、一人一人が他のどのアイドルグループにも代えがたい、唯一無二の存在なのだと思っています。これはどのアイドルにも言えることなのですが、エビ中はとりわけそう感じさせられることが多く、こんなに個性の強いメンバーが一つのグループに集まっていること自体が奇跡のように思えます。

エビ中」というアイドルに出会えたことに、心から感謝しています。ありがとう。その姿を、どうかこれからも、ずっとずっと見させてください。

エビ中の絶盤ベスト~おわらない青春~

エビ中の絶盤ベスト~おわらない青春~

7人の感情電車は箱根へ。私立恵比寿中学「感情電車」のMVが公開。

5月31日に発売される私立恵比寿中学の4thアルバム「エビクラシー」から、「リンガーハット」のキャンペーンソングとして起用されている「感情電車」のフルサイズMVが昨日公開されました。

リンガーハットのCMで使用されている「感情電車に乗っかって 駆け出してどんどん行っちゃって♪」というリズミカルなサビから、ポップな楽曲を予想していた方も多いのではないでしょうか。サビの部分を聴いてみただけだと、全体を通してポップな楽曲なのかな?と思っていたのですが、蓋を開けてみると全く想像と違うエモーショナルな楽曲に仕上がっていて、受ける印象の違いに驚きました。またエビ中の楽曲に新たなレパートリーが増えたな、と感じさせる仕上がりになっているのではないでしょうか。

MVは、エビ中が箱根旅行に行った様子をメンバーのスマホで撮影し、映像を組み合わせたもの。「感情電車」のメロディーに合わせて小田急ロマンスカーや箱根の観光スポットを楽しむメンバーの様子が、なんとも楽曲にマッチしています。今やスマホのカメラでも十分な映像が撮影できる時代、トレンドにマッチしたMVになっているのではないか、と思いました。足湯に浸かったり、宿泊先の宿で枕投げをしたりして旅行を満喫するメンバーの様子が、無邪気で微笑ましいです。メンバーのスマホだからこそ、ここまで遠慮なくオフショットが撮れたのかもしれないですね。メンバー同士でふざけあったり、変顔をしたり、意外なもので遊んでいたり。何度見ても飽きないMVになっていると思います。

ファンの間では、急逝した松野莉奈さんが最後に家族旅行で訪れた場所が「箱根」だったから、メンバー全員で箱根に行ったのでは、という推測もあります。見方は人それぞれですが、もしそうだとしたら、メンバーは7人になってしまっても、気持ちは8人のままなのかもしれませんね。メンバーにとっても、思い入れのある箱根旅行になったのではないのでしょうか。

この楽曲の他にも、まだまだ公開されていない新曲が盛りだくさんの「エビクラシー」。発売まで、あと25日です!

クイック・ジャパン131

クイック・ジャパン131

「ねぇ、交感しよう?」アイドルネッサンス、初のオリジナル楽曲のMVが公開。

数々の往年の名曲をカバーしているアイドルグループ、「アイドルネッサンス」。今までオリジナル楽曲を歌ったことはなく、カバー曲をレパートリーに、様々なジャンルの音楽に挑戦してきましたが、昨年11月、春に初めてのオリジナル楽曲が制作されることが発表され、ファンの間で話題になりました。このオリジナル楽曲はアイドルネッサンスが最初にカバーした楽曲「17才」を作詞・作曲したBase Ball Bear小出祐介さんによる提供であることが公式から発表されていました。

その後、4月のライブにてオリジナル楽曲が初披露され、「交感ノート」というタイトルや、歌詞が話題になり、一足先に楽曲を聴いたファンが感想をツイート。公式サイトには「交感ノート」の歌詞が表記された画像が公開され、MVの公開が期待されていました*1。そんな中、昨日MVのフルサイズが正式にYoutubeにて公開されました。

公開されたMVは、初夏を思わせる山村の緑豊かな風景をバックに、メンバーが淡々と「交感ノート」を歌うシンプルでストレートなMV。舞台となっている学校は、ファーストシングル「17才」で撮影された場所だそうで、3年ぶり2度目の撮影とのこと。これまでの「アイドルネッサンス」の基本と同じく、真っ白な白の衣装に、余計なものを一切排除したシンプルなMVの作りがクリーンな印象を与えています。

「交感ノート」は、なかなか素直に気持ちを表現できない女の子の視線から、淡い恋心を歌った曲。アイドルネッサンスの年齢に相応しい、淡くて爽やかな青春ソングになっていて、MVの印象から受ける世界観は「17才」に通じるものがあるかもしれません。派手さはないけれど、徐々に徐々に体に染み込んでくるタイプの楽曲で、春から初夏に移り変わるこの季節にぴったりの曲になっています。MVからは、どことなく初夏の夕方の匂いすら感じさせます。

なお、オリジナル楽曲はこの1曲だけでは終わらず、「第2弾」もあるとのこと。制作は引き続き小出祐介さんが担当するとのことで、これまでカバー楽曲をさまざまな形で魅せてくれたアイドルネッサンス、オリジナル楽曲を歌うことによってまた新たな世界を見せてくれることを期待したいですね。

アワー・ソングス

アワー・ソングス

エビ中「なないろ」に込められた意味。新しいエビクラシーの始まり。

2017年2月8日にメンバーの松野莉奈さんが急逝した、エビ中こと私立恵比寿中学。今後の活動はどうなるのか、不安や期待など様々な感情がファンの間で入り乱れていました。そんな中、フルアルバム「エビクラシー」の発売や、春ツアーの開催決定など、明るいニュースも飛び込んできて、ホッとした方も多いのではないでしょうか。

予定通り、4月22日から八王子オリンパスホールを皮切りに春ツアーが始まり、セットリストにはまだ発売されていないエビクラシーの楽曲が組み込まれているということで、期待も高まっていました。そんな中披露された、アルバム収録曲「なないろ」の動画がYoutubeにアップされました。

「私たちのスタートの曲です」と挨拶してから披露された「なないろ」。歌詞には「止まらない気持ち 君が教えてくれた」「会いたくて会いたくて 君の名前呼んだよ」「見上げたら青い空*1」など、照明の青色の効果も相まって、どことなく松野さんを彷彿とさせる歌詞が散りばめられつつも、キラキラとした淡い恋の曲のように聞こえました。

「なないろ」のタイトルは、「7月16日」、松野莉奈さんの誕生日から意味を取ったそう。実質、松野さんのための曲とも取れますが、「7」という数字は今のエビ中のメンバーの数でもあり、様々な意味にも取れます。これからライブなど色んな場面で歌われていく、新しいエビ中にとっての代表曲になるのではないでしょうか。

また、「エビクラシー」収録の「感情電車」はエビ中がCMキャラクターを務めている「リンガーハット」のキャンペーンソングにも起用されており、サビの部分をCMで聴くことができます。

こちらは今までのエビ中にありそうでなかったポップでリズミカルな楽曲という印象で、今後、エビクラシーの楽曲がコンサートでどう成長していくのかも含めて楽しみですね。

現役メンバーの急逝という悲しい出来事を乗り越えて、止まることなく今後も活動を続けていくことを決めたエビ中を、これからも応援していきたいですね。

エビクラシー(期間生産限定盤)

エビクラシー(期間生産限定盤)

*1:松野莉奈さんのイメージカラーは青色

工藤遥、モーニング娘。'17卒業の衝撃。加入から現在までの歴史を振り返る。

2017年4月29日、モーニング娘。'17のコンサート「モーニング娘。'17春ツアー 〜THE INSPIRATION!〜」ロームシアター京都公演にて、第10期メンバーの工藤遥さんが今年の秋ツアーを持って卒業することが発表されました。

ニュース詳細|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

工藤遥さんは2010年、10歳でハロプロエッグとしての活動を開始しました。

「“くどぅー”こと工藤遥です。今回、初めてのパフォーマンスなのでとっても緊張しています。ここ大好きなお台場で、いろんな人に温かく迎えてもらったことが何より一番嬉しかったです。今回はステージも楽しんで、お台場の食べ物もたくさん楽しんで、とっても楽しい気持ちで帰ってください。よろしくお願いします!」── 工藤遥 

℃-ute、真野恵里菜、スマイレージら、お台場で<ハロ☆フェス>開催 | アンジュルム | BARKS音楽ニュース

初めてのステージに立った瞬間から、可憐なルックスと酒焼けをしたようなハスキーボイスのギャップに注目が集まり、ファンの間で話題に。「くどぅー」の愛称で親しまれるようになり、2011年秋、モーニング娘。の第10期メンバーとして加入しました。

加入後、シングル「ピョコピョコ ウルトラ」で正式に合流。すでにハロプロエッグ時代から固定の人気がありましたが、「恋愛ハンター」「One・Two・Three」「ワクテカ Take a chance」と、リリースを重ねる毎に注目を集めていきました。

工藤遥の一番の魅力はギャップ

くどぅーのどこが魅力なのかと聞かれたら、そのギャップに尽きる、と答えます。とても可愛らしい顔立ちをしているのに、髪が伸びてきたと思ったらすぐに切ってしまったり、イケメンキャラを目指していると宣言したかと思えば、たまにロングヘアーのウィッグをつけたり。ハキハキと喋り、年齢のわりにしっかりしているかと思いきや、少し抜けてるところもあったり、先輩には可愛がられ、後輩には優しく接する姉御肌なキャラであったり。

ギャップをこれでもか!と言わんばかりに詰め込んだようなアイドル。独特のハスキーな声もソロパートになるととても魅力的でした。

くどぅーと言えば、ボーイッシュなショートカットと色白の綺麗な肌が特徴。単独でプロアクティブのCMにも出演したことがあり、ファンの間で大きな話題になりました。

同期、佐藤優樹との関係

「まーどぅー」のコンビ名で知られる同期の佐藤優樹さん(通称・まーちゃん)との関係も魅力的でした。天才肌で何をやらかすか分からない、常に予測不能な行動をとるまーちゃんと、常識人で厳しく、でも時には愛のあるツッコミをするくどぅーのやりとりは、主に女性ファンからも人気で、モーニング娘。'17では人気のカップリングでした。時に熟年夫婦のような、時に倦怠期のカップルのようなやりとりを見せる2人からは、ついつい目が離せませんでした。

卒業後は女優の道に

答えが出るのは早かったです。
というか、既にあったんだと思います。

ここで見つけた「演技」というジャンルに挑戦すること。

やるからには中途半端にはしたくないし、
両立するにしても、「お芝居がやりたい」と言いながら、
歌って踊る事が本業のアイドルとしてステージに立つのは
メンバーにもファンの皆さんにも失礼だと思いました。

この気持ちを事務所の方や両親に伝えて、
たくさん考えて、「自分のやりたい事に賭けよう」と卒業する事を決めました。

ニュース詳細|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

ハロプロでの活動を通して演技に挑戦するうちに、「女優になる」という夢が芽生えたくどぅー。卒業してもメディアに出演する場はあるということで、アイドルではない、これからのくどぅーに期待していきたいですね。秋ツアーまで、モーニング娘。のメンバーとして活躍する工藤遥さんを、残りわずかな時間、せいいっぱい応援していきたいと思います。

【Amazon.co.jp限定】 モーニング娘。'16  工藤遥 写真集 『 ハルカゼ 』 Amazon限定カバーVer.

【Amazon.co.jp限定】 モーニング娘。'16 工藤遥 写真集 『 ハルカゼ 』 Amazon限定カバーVer.